システムエンジニアは魅力的な仕事である

システムエンジニアは残業が多く、成果を期日までに仕上げなければならないなど過酷な業種の1つである。しかし、辛いばかりの仕事ではない。忙しい中にも楽しみや魅力を感じる部分も大いにある。

1つはシステムエンジニアとして仕事をしていくうちに、自分の能力の成長を感じることが出来る。年単位で振り返ってみると、必ず今まで出来なかったことが出来るようになっていることがわかる。このような成長は、事務職で仕事していた人には感じられない大きな喜びである。

また、苦労して構築してきたシステムが無事完成した時にも大きな喜びを感じる。今までの苦労が大きければ大きい程、達成感も大きい。またユーザーからの「便利になった」「仕事に役立っている」などのいい評価を得られた時も、達成感を感じる。

システム構築は1人だけで作ることは稀であり、大概はチームで作り上げていくものである。苦労してシステム構築をしてきた分だけチームの仲間意識も高くなる。システムが完成したときの仲間同士の結束力は強く、このような信頼関係の深い仲間を増やすことが出来るのもシステムエンジニアの魅力である。

また、スキルが高くなればなるほど周囲から尊敬され、頼りにされてくる。それに比例して責任感も重くなってくるが、優秀なエンジニアならば問題はない。しかし年齢に関係なく、優秀なエンジニアが優位な立場になることも多いので、日頃の勉強も欠かさずに行っていく必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です